心臓リハビリをご存じですか?

 “心臓リハビリ”ということばを聞いたことがありますか?

 日本心臓リハビリテーション学会によると「心臓病の患者さんが、体力を回復し自信を取り戻し、快適な家庭生活や社会生活に復帰するとともに、再発や再入院を防止することをめざしておこなう総合的活動プログラムのこと」です。制度上は「心大血管疾患リハビリテーション」と呼ばれます。

 この内容には運動療法と学習活動・生活指導・相談(カウンセリング)などが含まれます。心不全や心筋梗塞、狭心症、心臓手術を経た患者さんたちは心臓の働きが低下したことに加えて、安静生活を続けたことによって、運動能力やからだの調節の働きが低下しています。 そこで心臓リハビリで適切な運動療法を行い、食事指導や禁煙指導も行ことで再発防止に努められます。

 スポーツジムなどで個人が行う運動療法との違いは、医師・看護師・理学療法士など専門の知識を持ったスタッフが、体調管理から薬や食事についてなど、個人の病気を理解した上で運動療法・生活指導などを総合的に提供している点です。

 その効果については多岐にわたって証明されています。

・疾患の既往歴のある患者さんの死亡率の低下

・入院リスクの低下

・日常生活での息切れなどが軽くなる

・自立神経が安定して不整脈の予防になる

といった身体機能の改善だけでなく、運動を行うことで仕事や家庭生活、社会生活の満足度が高くなるといった心身の充実に繋がるため、現状日本では心臓リハビリに対する保険適用は開始後150日までと制限が設けられています。

※医療保険制度による対象疾患は心筋梗塞、狭心症、心臓手術後、大血管疾患(大動脈解離、解離性大動脈瘤、大血管手術後)、 慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患です。

あまり聞きなれない言葉かと思いますが、万一の際に役に立てればと思い紹介します。

参考元:日本心臓リハビリテーション学会HP 心臓リハビリって何?
https://www.jacr.jp/web/faq-list/general04/